• fromyokohoshiai

about NOSTALGIE CLUB

更新日:10月31日






20 September 2022

match point HP にて記した大切な記録




◇ノスタルジークラブの始まりに◇


残暑をともなっていた秋風が

すっかり爽やかな風へと移り変わった9月下旬

お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?

私たちは、 9月の始まりとともにキャンドル教室を再開し

大阪のアトリエと奈良・生駒の森を行き来する日常が戻ってきました。

そんな中、新しい一歩を踏み出すことなった『NOSTALGIE CLUB』

夏休み前のご挨拶にも記しましたが、私たちが最初に

キャンドルを作った冬・クリスマスから今年で17年を迎えます。

これまで、自分たちの手や仲間たちの手が作ってきた

作品・時間のディテールに喜びを見出し、

何気ない日常にこそ、豊かな時間が詰まっていることを

実感しながら夢中で過ごしてきた17年間はあっという間でした。

 そして、この数年は 自分たちでは創り出せない、

一瞬で変わってゆく季節がつくる時間や景色、植物の力を

感じることでより豊かな時間を感じて過ごしています。

見えすぎてしまう明るいお昼の時間から、森にふっと夜が訪れると

暗さと静けさの中に まだ見えない絵本の物語が始まるようで、

その静かで暗い時間の美しさに惹かれながら '何もしない' をする

森で過ごす日の新しい喜びです。

いつもどこか少しのんきな私たち、

森に出会った日から3年間こつこつと進めてきた開拓と場所作りは

終わりのないライフワークとなり、まだこれから..というのが正直なところです。

まだまだ、作りかけの場所なのですが..『ノスタルジークラブ』の

小さな始まりを あたたかく見守っていただけますと幸いです。

今いるところから少しだけ離れてみる、静かでゆったりしたノスタルジーを

小さな森の中で見つけていただけますように。

2022年9月20日

阿部三朗・星合葉子